スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
穏やかな波
布団から這い出して二週間たった。眠剤に頼ってはいるが、寝つきは良い。眠る前にあれこれ絶望的な事(死んだほうがましだとか、仕事無くしちゃうのかなーとか、破産するんじゃないかとか)を考える事も無くなった。今日は、二度寝もせず朝から起きていられた。不安感も無く、平穏とした心で過ごせている。

二男が休みで家に居る。高校総体の代休らしい。野球の練習も休みで一日家に居る。激鬱の時は、会話をすることもままならず、寝たきりの自分をみられるのが苦痛だったが、今日は軽く会話が出来る

この緩やかな波が、ガーと上がりもせず、ドーンと下がりもせず、滾々と続いてくれたらいい。縦に遮断され行き場を失った波ではなく、柔らかな砂浜に吸い込まれるように流れていく波。この波に促されながら、僕は陸地を目指したい。暗い水底から這い上がり、僅かな星の瞬きを心に、いつか笑って暮らし過ごしていた陸地を。

絲山秋子氏「第七障害」読み終わる。北杜夫氏の「酔いどれ船」読み始める。躁鬱病作家の本ばかり読んでいる。文章は、スムーズに読み進めることが出来ている

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/05/28 13:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<やわらかい生活 | ホーム | 笑顔を取り戻せたら>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hosinomatataki.blog105.fc2.com/tb.php/13-565eb09b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
躁鬱は星の瞬きのように


時には煌き、時には暗黒の世界に身を沈める、星の瞬きのような躁鬱病の日々を綴ります。

プロフィール

KEISUKE

Author:KEISUKE
43歳
妻・長男・次男

会社:ITコンサルタント系
躁鬱病にて 2005年10月より1年10ヶ月休職中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。