スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
落ちそうで怖い
昨夜は見ていた映画があまりにも面白くなかったので途中で眠くなり、妻より先に布団に行ってしまった。10時半だった。
今日は、いつものように7時半に妻に起こされたがまだ眠く、朝食を食べた後また二度寝をしてしまった。なんだか体がだるく、12時頃まで布団の中にいた。なんだか調子が悪い。このまま落ちそうで怖かったのでレポトミンを一錠飲んだ。昼からは起きて本を読んでいたが、頭と胸になんだか嫌な違和感が少しある。

ちょっとの刺激でガシャンと壊れてしまいそうだ。なんだかまた鬱に落ちて行きそうで怖い。

夜のバレーボールにはなんとか行けそうだ。汗を流して、ゆっくり眠って、明日には普通に戻れればいいけれど。過眠が続かないか不安だ。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/06/11 16:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5)
<<たとえ過去に戻れずとも | ホーム | 眠い>>
コメント
躁鬱病はどうしても鬱になる恐怖感がありますよね。
鬱におちないことをお祈りいたします。
【2007/06/11 18:31】 URL | イッチー #-[ 編集]
こんにちは。こちらでははじめまして、デス。
ゆり戻し、揺り返しつつ、徐々に…。
知識では知っていても、回復のペースの気まぐれさには、私も随分惑わされた覚えがあります。
「僕の宿命」と「ストレス耐性」を拝見いたしました。
ある精神科医の方のブログで、患者が「是非、復職したい」と望むタイミングは、大体が早すぎるのだと書いてありました。そのラインを通り越して、「だいぶ安定しました」と冷静になった時が、復職のタイミングなのだと…。
少し異論もありますが、自分自身のことを振り返っても、復学当初の、周りの目への恐怖、通学経路で襲われる不安感、あのストレスを思い返すと、何度も気軽に経験するモノではないなと…。
男性で、父親で夫でもあるkeisukeさんの立場や焦りは、女性で独身の私とは天と地の差が有るとは思いますが。
「落ちていきそうな恐怖感」…O型で楽天的な私は…その内、慣れていきました(笑)。今はあまり気にしません。「ああ、来たな…」と思うくらいです。参考になるでしょうか…?

リンクのお申し出、大変嬉しかったです。ありがとうございます。
宜しければ当方のブログでもリンクさせてください。
【2007/06/11 21:12】 URL | ハネウサギ #NkOZRVVI[ 編集]
イッチーさんへ
この恐怖感は一生つきまとうのかなと考えてしまします。薬しっかり飲んでいても落ちるときは落ちますから・・・開き直るしかないのかも。

ハネウサギさんへ
僕はA型なので、いつもびくびくしてて、それがまた良くないのかも。慣れて、楽天的になるように気持ちもっていこうと思いました。そのライン・・・難しいですよね、もう少しかな。ありがとうございました。参考になりましたよ。リンク歓迎です。よろしくおねがいします。
【2007/06/12 08:42】 URL | keisuke #-[ 編集]
波はどうにもならないですから

落ちたらその時はその時って

開き直れるようになると良いですね

ある程度乗りこなせるようになるには

休息が必要ですから

焦らずに
【2007/06/12 12:16】 URL | ひろっち #oop9FInw[ 編集]
ひろっちさんへ
分かりました、あせらず、ゆっくり、波が小さくなって、乗りこなせるようになるのを待ちます。
【2007/06/12 14:09】 URL | keisuke #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hosinomatataki.blog105.fc2.com/tb.php/26-929af7c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
躁鬱は星の瞬きのように


時には煌き、時には暗黒の世界に身を沈める、星の瞬きのような躁鬱病の日々を綴ります。

プロフィール

KEISUKE

Author:KEISUKE
43歳
妻・長男・次男

会社:ITコンサルタント系
躁鬱病にて 2005年10月より1年10ヶ月休職中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。