スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
二男の進学
昨夜は妻と「花嫁とパパ」を見て、10時には床に就いたがなかなか寝つけず、眠ったのは12時頃だっただろうか。朝はやはり眠く、11時頃まで二度寝してしまった。無理やり起きていたほうがいいのだろうか。あと一ヶ月でちゃんと朝が過ごせるようになるか不安だ。

昨日の昼間、病院へ行くついでに実家によったら、父が二男の進学について心配していた。我が家の経済状況からいって大学へ行かせるのは難しいと思っているらしい。本人は進学するつもりでいるし、妻もさせるつもりでいる。一応「理学部」に行くつもりみたいだ。といっても「理学部」にいってどういう勉強をするのか、将来どういう職業につくとかは、まだよく分かっていないらしい。高校二年生なんてそんなものだろう。勉強しながら、迷いながら、考えればいい。親は背中を押してやる事しかできない。長男もあと二年学校が残っている。こんな大切な時期に病気になってと悲観ばかりしていた時期もあったが、今はとにかく前を向いて、病気を克服する事だけを考えている。子供たちもまた前を向いて歩いているから、僕はうつむいてばかりはいられないのだ、親として。


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/06/20 15:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<ひかり電話 | ホーム | 休職一ヶ月延長>>
コメント
朝日を浴び体内時計を整える意味で、早朝ウォーキングも良いかもしれません。日中の眠気が今後も続くなら、眠剤の調整等適宜ご相談を。

進学、好きにさせてあげたいのが親心ですよね。学費は奨学金・国公立受験等も模索されるかもしれませんが、過度に悲観・憂慮されて回復への足枷になりませんように。
【2007/06/20 17:24】 URL | ひろっち #oop9FInw[ 編集]
私も悲観的でしたが働きはじめて解消しました。
先ずは考えずに休みましょう。
結果は後から付いてきます。
【2007/06/20 19:55】 URL | jafo@携帯 #Q.zvybpY[ 編集]
私が高2の時、
「理系なら国立だけだ!」
「女なんだから本当は大学なんて行かなくてもいいんだぞ!!」と、父は言いました。
(泣)keisukeさんは、いいお父さんです~!!
いや、うちの父も私は大好きですが(笑)
父として、夫としての責任、うつの時だからより考えてしまうのだと思いますが、逆に、うつだから、今は考えないほうがいいかもしれないッス。悲観的な思考になってしまいませんか?(恐る恐る)
【2007/06/20 21:24】 URL | ハネウサギ #NkOZRVVI[ 編集]
私も昔、パニック障害で休職中、毎日二度寝をしてました。
でも、仕事に行き始めると、二度寝をしない環境に慣れてしまいました。
人って、考えるよりやってみると、ある程度その環境に慣れてしまうのかも知れません。まあ、個人差はあるでしょうから絶対とは言えませんが・・・。


子供さんの進学については、私も奨学金を利用することがいいと思います。
私も大学時代は、奨学金とバイト代で学費や教科書代・通学費を捻出してましたから。
【2007/06/21 07:13】 URL | hyan@携帯 #-[ 編集]
ひろっちさんへ
二男の今の成績だと、国立は狙えそうです。家計は苦しいですが、仰せのとおり過度の憂慮はしないようにしようと思っています。

jafoさんへ
仕事の事は働き始めてから考えればいいですもんね、今は体調を良くする事をなるべく考えるようにします。

ハネウサギさんへ
親としての責任は、どうしても考えてしまいます。学校側としても進路についていろいろ言って来ますからね。前は悲観的に考えていましたが、自分が早く働けるようになって、子供の思うように進学させてあげたいと思うほうが強いですね。

hyanさんへ
そうですね。奨学金を利用させてもらわないと、今の家計では無理だと思います。でも、奨学金もいろいろですからね、いい奨学金が通ればいいんですけど・・・。まずは自分の体調を良くして、働けるようになって、安定した収入を得る事が先ですね。hyanさんは苦学されたんですね。二男はお金の事にj関してはあんまり深刻に考えてないみたいです・・・。
【2007/06/21 10:09】 URL | keisuke #-[ 編集]
障害者控除の検索サイト。療育手帳、児童手当、介護保険、特別障害者、年末調整など障害者控除に関する各種情報をお届けしています。 http://inbjible.atmormortgage.com/
【2008/12/09 04:54】 URL | #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hosinomatataki.blog105.fc2.com/tb.php/33-654d1ef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
躁鬱は星の瞬きのように


時には煌き、時には暗黒の世界に身を沈める、星の瞬きのような躁鬱病の日々を綴ります。

プロフィール

KEISUKE

Author:KEISUKE
43歳
妻・長男・次男

会社:ITコンサルタント系
躁鬱病にて 2005年10月より1年10ヶ月休職中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。