スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
妻の寝顔
昨夜は、二男の現代国語の課題を手伝った。「お父さんもたまには頭を使ったほうがいいよ」って、俺のためかい。まあ、激鬱の時は会話もろくに出来ないからね。適当なところでやめにして、11時に就寝したが寝付けず、1時に頓服を飲んだ。その後は、眠ることが出来、朝7時半に妻が起こしにきた。相変わらず、寝起きの気分がいまいち重い。朝食を食べた後で、やっぱり2度寝をしてしまった。浅い夢を繰り返し、11時半頃目が覚めた。健康な人にとっては、眠りというのは、気持ちのいいものだろうが、今の僕の眠りは、不安が蓄積している感じで、気分が悪い。こうして少しずつ落ちていくのだろうか、そう思いながら昼食をとり、しばらくテレビを見ていても、僅かだが理由のない不安感が胸にとりついていたので、デパスを飲むことにした。30分位したら、ほんの少し楽になったような気がする。劇的な変化はない。こうして、薬でだましだましでも心の安定を保てたら仕事も出来るのだろうけど、今はまだきっと、職場の環境の中に身をおいたら、増大する不安の波に飲み込まれ、鬱へと落ちてしまうだろう。今はとにかく、家で起き上がっていられる、本が読める、テレビが見れる、この状態を保ちながら、朝の落ち込みをなんとか改善する術を探ることだ。そのためには、いかに良く眠れるかにある。今日の夜はミニバレーだ。激鬱の時は無理だが、今の体調なら行くことが出来る。体を動かし、気持ちのいい汗をかけたら、少しは睡眠もましになるだろうか。jinnjyabukkaku さんから教えていただいた「温灸」というのも試してみたい。

今妻は昼寝をしている。僕が元気な頃は、昼寝をすることなど無かった。僕のせいで、とっても疲れているんだ。妻の寝顔に向かって心でつささやく。ごめんね。少しずつでも、良くなるようにがんばるから。いつも支えてくれてありがとう。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/05/23 15:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<普通のことを普通に | ホーム | 行ったり来たり>>
コメント
仰る通りまず目指すことは家で普通のことを普通に出来るようになることでしょうか。体調が悪いとそれすら出来ないですからね。
【2007/05/24 18:02】 URL | イッチー #-[ 編集]
奥さんの寝顔を見て苦労をかけたなぁと思われる気持ちよくわかります。
私も娘の寝息を聞いて幸せな気分になリ、心配かけて申し訳ないという思いにとらわれます。
【2007/05/24 19:35】 URL | テト3300 #-[ 編集]
イッチーさんへ
そうですね。僕は、激鬱の時は、新聞もテレビも音楽も聴けなくなります。健康な人にとっては何でも無い事でも、出来たーみたいな事を、積み上げていきたいです。

テトさんへ
病気をして、それに関わっている家族がいると、皆そう思われるみたいですね。自責の念はあまり強くもってしまったらまた落ちるので、感謝の気持ち、それをもっていたいと思います。
【2007/05/24 20:10】 URL | keisuke #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hosinomatataki.blog105.fc2.com/tb.php/8-7fb4acfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
躁鬱は星の瞬きのように


時には煌き、時には暗黒の世界に身を沈める、星の瞬きのような躁鬱病の日々を綴ります。

プロフィール

KEISUKE

Author:KEISUKE
43歳
妻・長男・次男

会社:ITコンサルタント系
躁鬱病にて 2005年10月より1年10ヶ月休職中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。